お金が必要な場合どのようにして作るのが良いのか?

お金が必要な場合どのようにして作るのが良いのか?

お金が必要な場合どのようにして作るのが良いのか?

人間、生きていれば必ずどこかでお金が必要な時があります。

 

今までの人生そんなことがなかった人も、これからの人生はどうなるかわかりません。

 

日本人は貯蓄好きの民族として世界に名前が知られていますが、実は現在3世帯に1世帯は貯蓄がないという状態になっています。

 

古くは山一證券、最近ではシャープの例などをみるにつけ、大企業でさえも安泰とは言えない現代社会、どのようなお金の捻出方法があるのかをこのサイトで見ていきましょう。

 

 

どんな時にお金が必要になる?

 

非常に気が重くなる事柄ですが、お金が必要になる場合を少し上げてみましょう。

 

 

・住宅を購入するとき
・賃貸住居入居時の敷金礼金
・本人の冠婚葬祭
・知人や親族、友人の冠婚葬祭
・自動車の購入
・車検
・子供の教育費
・急な入院
・月々の通信費
・月々の光熱費
・突然の水漏れ
・などなど

 

数え上げたらきりがないほどお金が出る機会は多いですね。

 

では逆にお金を得るための手段について考えてみましょう。

 

一体どれほどの手段が思い浮かんだでしょうか?

 

実はそれほど多くの手段が浮かんでこないのが実情だと思います。

 

出る機会は多いのに入ってくる機会はとても少ないんですよね。

 

我々の多くが会社から出る給料のみで暮らしていますが、年々サラリーマンの給料は下がるばかりです。

 

一方物価の上昇は100円だった缶ジュースが130円になっているようにジワジワリと進んでいます。ラーメン一杯が300円だった時代に所得が高く、1000円の時代に所得は減っているのです。

 

それだけではありません。健康保険料や年金などの社会保障費用もかつてより上がっており、かつ医療費の負担率は上がっている現状があります。

 

ますます増え続ける負担の大きさ、出費、ますます減り続ける平均年収。

 

日本の雇用は正社員雇用が当たり前だったのは今や昔の話、労働人口の40%はすでに非正規雇用となっているのです。

 

これから先の超高齢化社会において貯蓄無しで老後を迎えてしまう人間の数は想像に難いですが、自らがどこかのタイミングでそうなってしまう可能性は誰しもが想像に難くないと言えるのではないでしょうか?

 

どのようにお金を作る

 

お金を作る方法はそれほど多くはありません。

 

パッと思いつくのは以下のような方法だと思います。

 

・現在の給料を上げる
・何かを売る
・現在の仕事以外に副業をする
・お金を借りる

 

こんなところではないでしょうか?

 

勿論お金を得るために非合法な活動をするなど論外ですし、まともな方法でお金を得ようとするとこの3点に集約されるのではないかと思われます。

 

 

現在の給料を上げる

 

 

最も理想的なお金の作り方ですが、最も厳しい条件であるとも言えます。

 

会社員の給料と言ってもさまざまあり、年次毎に昇給していく場合と営業職のように結果を出すことで歩合的に給料が良くなる場合もあることと思います。

 

会社の規模が小さければ小さいほど後者に近くなり、大きいほど前者に近くなるイメージがありますね。

 

いずれの場合にも共通して給与が上がるのが昇進した場合でしょう。

 

ただ、現在では高齢化と共に定年の年齢が伸びており、ポストそのものがまるで開かず、どんどん上が詰まっていつまで経っても平社員扱いという場合もありますし、昇進だけして全く給与が変わらないケースも最近では増えてきました。

 

先ほど出てきたシャープなどの例をみるように、世界に誇る日本の技術は中国などの新興企業に大きく押されており、スマホ業界に代表されるように日本勢の劣勢は挽回できていません。

 

我が国は工業製品の輸出で大きく伸びてきた国ですので、スマホやパソコンなどのハイテク製品、洗濯機やテレビなどの家電製品、そして何より自動車産業などの産業が国際競争の波にのまれている現在、これから先給与が上がるということは難しいかも知れません。

 

私もかつてはサラリーマンをしていましたが、4年以上勤めても給与は1円も上がらないどころか逆に下がってしましました。

 

 

日本で転職を肯定的に捉えるのは難しい

 

現在の給与が上がらないなら転職だ!!と考える人も多いかも知れません。

 

「キャリアアップ転職」が叫ばれた時期もありました(今もその傾向はります)が、実際に以前よりも給与水準が高くなるケースは2割前後だそうです。他の2割は現状維持で、6割ほどは収入が落ちてしまうという現実があります。

 

一度正社員としての地位を失ってしまうとなかなか元の地位に戻るのは難しく、またブランク期間が空くと転職に著しく不利になるケースも少なくはありません。

 

正社員から転職をしようとして非正規雇用となり、二度と正規雇用には戻れないというケースはこの国には聞きつくせないほどあふれたエピソードなのです。

 

日本という国は、古来よりどこよりも儒教的精神を尊び、主君を変えるということは良しとしない国だと言えます。

 

中国の春秋時代や戦国時代など、生国以外の君主に仕えるのはふつうでしたし、西洋では東洋のような封建制度ではなく、別な形で制度が発達したこともあり、主君という考え方自体がこちらとは違います。

 

それゆえに、転職という概念においても考え方の違いが見られ、アメリカをはじめとした西欧では転職を肯定的に見做すのに対し、我が国ではどこかネガティブな行為だとみなされがちです。

 

そのことが転職しても給料が上がらないという事実に結びついているのかも知れません。

 

 

何かを売る

 

商売をする、という意味ではなく不用品を売るという意味ですね。

 

ヤフオクやメルカリ、地域のフリーマーケットなどで不用品を売る方法です。

 

ある意味では簡単に行える方法ですが、売れる物に限りがある点が問題だと言えます。

 

売れる物をどこかから確保してくるせどりという方法もありますが、そちらは副業の欄に入りますかね。

 

 

 

現在の仕事以外に副業をする

 

 

もはやなにがしかの副業を行わないと生き延びられない時代だと言えるかも知れません。

 

副業の方法は多岐にわたり

 

・コンビニやスーパーなどのパートタイムアルバイト
・株やFXなどの投資
・不動産経営
・せどりなどによる差額ビジネス
・アフィリエイトなどのネットビジネス

 

と言ったような方法があります。

 

 

パートタイムアルバイト

 

最も確実にお金が得られる正統派副業と言えます。

 

コンビニやスーパー、ファミレスなど24時間営業の店舗も増えてきましたし、確実に収入が得られるというメリットがあります。

 

逆に得られる金額には限りがあるという点がデメリットであるようにも思えますが、こちらから出るお金はほとんどないため最も健全なお金の作り方と言えます。

 

 

株やFXなどの投資

 

最もリスクが高い方法です。

 

個人投資家の9割が損をしているのが投資の実情で、さまざまな面からお金を作る方法としては適切ではないと思います。

 

アメリカの大富豪の中にはウォーレンバフェットのように株式投資のみで数兆円の資産を形成した人間もいますが、日本では投資で財を成した人間のうちだれでも名前が知っているような人はほとんどいません。

 

時々数億の資産を形成する人が現れますが、いつの間にかマイナスになっていたりします。

 

短期間で財を成す人の多くは、株では信用取引、FXでは高レバレッジ取引などで出た成果を大々的に宣伝するのですが、1,2年ほどで退場していくことがほとんどです。

 

文字通りハイリスクハイリターンとなっており、どちらかというとビギナーズラックで買ってしまった人が深みにはまるような気がします。

 

ラスベガスにおいて、私の知り合いが大勝をした際の話。

 

スロットでかなりの額のあたりが出た後、ホテルの支配人からスイートルームに案内がされたそうです。

 

今まで泊まったことのないような広い部屋が、しかも追加料金なし

 

気分をよくした知り合いはすべてのお金を次の日失ったそうです。

 

仮にスイートルームに案内されなければ、知人はカジノ遊びをしなかっただろうと言っていました。

 

人間、突然大金が入ってきてしまうと冷静な判断能力を失ってしまうようになります。

 

株やFXなどにも同様のことが言えるでしょう。

 

 

 

せどりなどによる差額ビジネス

 

ブックオフなどでプレミア商品を見つけ、転売するやり方です。

 

元では少なく始められますが、各種店舗ではせどり防止のための措置を講じており、現在では難しい副業と言えるかも知れません。

 

なかなか難しい副業だと言えます。

 

 

アフィリエイトなどのネットビジネス

 

本来はリスクの低いビジネスであるはずなのですが、消費者センターに寄せられる苦情や相談は右肩上がりとなっているそうです。

 

理由はアフィリエイト詐欺と呼ばれる人たちの横行です。

 

「アフィリエイトは誰でもできる」「1日30分で月5万円」などとあおりにあおってから商材などをかわせる手法が大きな問題となっています。

 

この辺りは詐欺と言ってよいかどうか難しいケースと言え、現在では取り締まることが難しく、お金を払ったのに結局稼げなかったというケースも多いです。というより、アフィリエイトにおいて付き1万円でも稼げるのは全体の10%ほどであると言われ、月5万円ともなると3%もいないほどと言われています。

 

アフィリエイトと言ってもその区分は広く、グーグルアドセンスなどのクリック系広告もアフィリエイトなら青汁の定期販売のように物を売る、所謂物販もアフィリエイトですし、究極は情報そのものを売る情報商材などの商材も存在しています。

 

消費者センターで主に問題になっているのはこの情報商材が多く、これを買えば儲かる!!やらないやつは乗り遅れるなどと人々をあおり、商材を購入させる手口です。

 

ちなみにですが、先ほども出てきた株やFXで資産を作ったと公言している連中のほとんどがアフィリエイトを行うアフィリエイターです。

 

特にFXの案件は単価が高く、訪問者が口座を作れば数万円の報酬になるなど大きく稼げるため自らはFXで成功した!!という部分を見せるわけです。

 

実際に儲かっているケースがあるかはわかりませんが、大体は稼いでいるフリをしているだけです。

 

稼ぐために稼いでいるフリをしていたら実際に稼いでいたケースもあるかも知れませんが、本当のことは誰にも分らないのが現状ですね。

 

彼ら彼女らの手口としては、

 

@ 稼いでいるさまを見せつける

 

A 稼いでいる秘訣を知りたかったら無料でメールマガジンを発行しているから読むといい

 

B メールマガジンの内容は大体いい所で終わり、知りたかったら○○塾に入る、もしくはこの商材を買うようにという文が出てくる

 

と言ったようになっています。

 

ちなみにですが、そのような塾や商材を買って稼げるようになるケースはほとんどありません。

 

実際にはまじめにアルバイトをした方が稼げる上に無駄な出費や時間を使うことがないのではるかに良い手法だと言えるでしょう。

 

 

お金を借りる

 

 

あまりにも身もふたもない回答ですが、すぐにお金が必要だという場合には一番効果的な方法と言えるのも確かです。

 

仮にアルバイトを始めるとしても、アルバイト先を探し、面接を受け、実際にアルバイトをして、給与が振り込まれるまで2か月はかかることでしょう。

 

現在ではよくも悪くも即日で利用可能なカードローンなどもあるため、どうしてもお金が必要な場合は利用するのも立派な手段だといえると思います。

 

利用する場合はきちんと返済について考えながら利用をしましょう。

 

カードローンについては以下のサイトが詳しいので、よく読んで計画的に利用を行いましょう。

 

 

カードローン借入審査.net