三菱東京UFJ銀行にて住宅ローンを借入した38歳男性のケース

借入金額は2550万円 返済期間は35年 金利は変動型で当初は2%

結婚を機に、新築の一戸建て住宅を購入する事になりました。その時に、三菱東京UFJ銀行で住宅ローンを借りようと思いました。住宅を売っていた工務店が東京三菱UFJ銀行と取引があったようで、この銀行で住宅ローンを申し込むように勧められました。信頼できる工務店であったので、私は言われるままに東京三菱UFJ銀行で住宅ローンを申し込もうと思いもいました。今まで住宅ローンを組んだことは無かったので、初めての経験になりわからない事もたくさんあったのですが工務店の営業マンが詳しく教えてくれました。私は頭金なども用意していなかったのですが、工務店の営業マンが大丈夫、頭金は必要ないと言ってくれていたのです。頭金がなければ住宅ローンは組めないだろうと私は思っていましたので、心強いと感じました。

住宅ローンを申し込む際には面接がありました。工務店の営業マンと銀行員2人、私との合計4人でです。私はこの時、借金があったのです。車のローンを信販会社であるオリコカードから100万円ほど借りていました。住宅ローンを組む際には、車のローンがあると都合が悪いようでオリコカードの車のローンを完済するように言われたのです。私には頭金さえもなかったので、完済するには時間がかかる事は銀行員も理解していたようです。そこで、住宅ローンを2つに分けて申し込むようにしました。一つは住宅用のローンと、もう一つは車のローンを完済するためのローンです。2つのローンを申し込み、車のローンを完済させると言う事です。車のローンの金利よりもはるかに安くなるので、私は喜んで申し込み用紙に記入しました。無事に審査は合格し、三菱東京UFJ銀行に住宅ローン2つが出来たのです。

住宅ローンを借入して、すぐに車のローンを返済しました。それが条件だったからです。100万円ほどが車のローンだったのです。現在はこのローンは完済しています。住宅のローンだけになっています。2550万円のローンでしたが100万円は車のローンだったと言う事です。変動金利でしたので現在は金利も少し上がり、月々の支払いが多くなっているのが現状です。借入した当初は8万円ほどだったのが現在では10万円位毎月支払いしています。変動金利はその名の通り金利が変動しますので、毎月の支払額が変わってくるのです。私たち夫婦はその事を知らなかったので今になって固定金利でローンを組んでおけばと思いました。毎月の支払いが2万円も上がってしまうと、家計に大きな負担がかかってしまいます。今後も金利が上がる可能性があるので、住宅ローンを借り換えるか検討しています。固定金利に借り換える事が出来れば一番良いと思っています。