オリックスクレジットで借入♪

オリックスクレジットで借り入れようと思ったのは、それまでどうにかこうにかやりくりしてカード代などを払っていたのですが、ついに回らなくなってしまったことが原因です。通常の小遣いでは常に不足状態になることもわかっていたので、急な出費があるときなどに対応できるキャッシングカードを1枚持っておきたいと思っていたからです。オリックスクレジットにしたのは、一般の消費者金融より金利が安いという話を人づてで聞いたので選びました。他の銀行系の会社も調べてみたのですが、100万円以下の金額を借りる場合は金利もさほど変わらなかったので、それならばCMなども見たこともあったので、オリックスクレジットのVIPローンにしました。

10年ほど前の独身時代に消費者金融から借りたことはあったので、申し込み時にもそんな緊張することもありませんでした。その際に参考にしたのは「バレないカードローン!モビットの審査と口コミを徹底解説!」というサイトです。ただ、全てネットで完結できるというのは時代も変わったんだなと思うところはありました。審査結果は申し込みをしたその日のうちにメールできました。問題なく審査は通ったので、あとは在籍確認と本人確認で契約等ことでしたが、時間が遅かったので明日以降の連絡となると言うとでした。翌日在籍確認の電話がかかってくることはわかっていたので、できれば自分でその電話はとりたいと思っていました。恐らく午前中にはかかってくるだろうと予測していたので、なんとなく怪しい感じのする電話は極力とるようにしていたところ、運よく在籍確認の電話も自分でとることができました。会社名をなのらないといってもフルネームで呼び出しがあるというのはなかなかありえないことなので、自分でとれたのはラッキーでした。その後自分の携帯にも連絡があり在籍確認も取れたので契約ですと言われました。自分では当然だとは思いましたが、在籍確認の電話を自分がとったことは言いませんでした。

借入しての感想は生活と気持ちには余裕ができるものの、逆にいつでもお金を引き出せるという感覚も持ってしまい、なかなか完済できていないのが現状です。ある程度我慢して返済しても、急な出費などがでてきてしまって借りるので、また借入金が増えてしまうという悪循環ではあります。完済するときは一気に完済するなどの方法をとらないと難しいのかもとも思っています。ただ、借入をするまでの、月末で給料日明けてもすぐにお金が無くなってしまい、金策をどうするかあれこれ悩むことからは解放されたので、その点のストレスは無くなりました。そういう意味では心に余裕があるのは事実です。でも借りたお金は返すのはあたりまえなので、よく金融会社の宣伝で目にする「ご利用は計画的に」という文言を嫌というほどかみしめています。自分としてはこの2年で完済してしまいたいと思っています。

貯蓄0だったのでプロミスで借入をしました!

・申し込み時の職業はサービス業本社勤務 営業、企画でした。

・当時の年収は約430万円、現在は転職し、年収は約400万円です。

・現在は返済中で、残高約40万円です。

 

・借入は、普段生活費で貯蓄がほぼ0でした。

 

・当時の会社はボーナス支給がありましたが、事故やケガ、病気が重なり、基本的な収入と支出のバランスがさらにくずれていました。

 

・年齢的に、周りが結婚ラッシュとなったとき、いわゆる、「ご祝儀貧乏」となってしまいました。そこで、同僚の結婚式のご祝儀代を出すために足を運びました。

 

・当初はカードローン申し込みに若干抵抗がありましたが、職場の周りの人間や、家族等に心配、迷惑をかけないためにと思い、自己責任で解決できるカードローンを選びました。

カードローンを選ぶ際には「即日融資も可能なカードローン!プロミス審査と口コミを徹底解説!!」というサイトを参考にしました。

・カードローンの支払いはコンビニATMでも、銀行のATMでも可能で、借入も返済、ともに簡単に手続きができることに最大のメリットを感じて、申し込むに至りました。

 

・また、法改正や、テレビCMでも多くのカードローン会社、サービスが露出していることもあり、不安要素はあまりありませんでした。

 

・返済にかかる利子、利息については、申し込み当初はよく理解していませんでした。

 

・カードローン会社を選ぶにあたり、設けた基準は「場所」のみでした。

 

・駅の近くにATMがあることや、他行ATMでも返済に対応しているか、でした。

 

・理由は、私は出張が多く、どこからでも銀行のお金の振り込みができる金融期間を選びたかったからです。

 

・カードローンに関していえば、返済に遅れてしまえば、信用も失いますし、大きな利息を取られると考えたからです。

 

・その基準の中で、当時住んでいた駅の最寄りにあったのがプロミスでした。

 

・個室ブースがあり、プライバシーは完全に守られた空間であることも選択の理由でした。

 

・その他、私の当時勤めていた会社の同僚に、元プロミスの方がおり、同社の企業、事業の理念や、働く人々の様子をよくうかがっていたため、サービス業として、同業他社よりも安心して利用できると感じ、同社を選びました。

 

・借入を決めてからは、無人受付機のあるブースへ立ち入り、中の説明を受けるままに手続きを進めました。

 

・社員証、その他証明書の準備についても丁寧にガイダンスいただきました。

 

実際に借り入れをすると、「借金」を背負ってしまったのだと、正直、後ろめたい気持ちもありました。

 

・また、月々の返済の明細をみると利息の割合が大きく感じます。

 

・よく、「ご利用は計画的に」と聞きますが、まさにその通りで、返済にはかなりの時間、利息がかかります。

 

・時間をかけたらその分利息もかかってきます。

 

・借入に際し、やむを得ない事情と判断しての申し込みでしたが、個人的な欲を満たすだけの借入は控えようとつくづく感じております。

 

・数字を見ただけでは若干後悔の念もありますが、実際のプロミススタッフの電話での応対、話し方、提案については、非常に丁寧で、好感がもてるものです。

 

・追加の借入、利用上限額の変更についても、もちろんお電話いただきますが、さほどしつこいわけではなく、一度お断りすれば押し付けられることはありません。

 

・利用者の心配、不安、また、不快感を極力最小限に抑えるための教育がなされているのだと感じました。

 

・現在、毎月返済可能な金額を少額ずつ返済しています。今後、追加で借入することは極力ないようにと考えていますが、同社のサービスに不安要素はありませんので、本当に困った際は利用も考えています

姫路信用金庫でマイカーローンを借入!

初めてのマイカー購入にあたり、資金が必要になったが自己資金での一括購入が不可能であるため、マイカーローンの利用に至りました。ディーラーの残価設定のローンとも迷いましたが、今回は金融機関を利用しました。今、残価設定のローンが多くなっていますが、期限が来ると残りを支払うか、返却しないと自分のものにはならないため、基本的にはリースとも考えるべきだと思います。自分のものにならないものに、何百万もの支払いをして最終的には他人のもので、わりにあわないと考えました。私の場合、最終的には乗りつぶしてからは売却し、次の車の購入の資金にしようと考えていたため、これで正解であったと、今でも思います。最後にどうしたいかが重要でした。

金融機関に勤務していることもあり、マイカーローン等目的に合わせた消費者ローンは金利に差がないのを熟知しているため、友人の働く信用金庫で友人の成績の手助け目的もあり、借入を起こしました。ディーラーや中古車販売会社の提携ローンは金利が高いため、利用は避けております。実質、金融機関での借入が3%前後なのに対して、中古車販売会社のローンは7%近くまでなっていることがあるため、知らずにローンを組むと大損です。それでも、手間がかからない。知り合いの業者だから等でローンを組んでしまった場合はどうしようもありません。金額、期間がある程度残っている場合は住宅ローンの借り換えと同じように、マイカーローンにも借り換えは存在するため、金融機関に相談するのも良いかもしれません。あまりに金額が少ないとメリットがないため、金融機関も相手にしてくれませんが…

中古車販売会社等のローンを避けると、基本的にはどこを選んでも間違いないと思いました。個人信用情報等で問題ない限り、金融機関のマイカーローンは通るはずなので…よほど、返済が不可能であると判断されない限りは大丈夫でしょう。職業柄その辺は問題なかったので、低金利で借入もおこせました。今ではディーラーの残価設定のローンもあるので、長期利用を考えてない場合はそちらの方が特になることもあるかとは思うので、借入の際はまずは使用期間、そして金融機関での借入相談をオススメします。自分でローンを組むのが初めてであったため、わからないことだらけで、自分でいろんなことを調べましたが、結局金融機関のローンが1番だと感じます。金利、期間、保証等のロードサービスまでついているものが多いため、基本的は選択肢は金融機関1択でしょう。

三菱東京UFJ銀行にて住宅ローンを借入した38歳男性のケース

借入金額は2550万円 返済期間は35年 金利は変動型で当初は2%

結婚を機に、新築の一戸建て住宅を購入する事になりました。その時に、三菱東京UFJ銀行で住宅ローンを借りようと思いました。住宅を売っていた工務店が東京三菱UFJ銀行と取引があったようで、この銀行で住宅ローンを申し込むように勧められました。信頼できる工務店であったので、私は言われるままに東京三菱UFJ銀行で住宅ローンを申し込もうと思いもいました。今まで住宅ローンを組んだことは無かったので、初めての経験になりわからない事もたくさんあったのですが工務店の営業マンが詳しく教えてくれました。私は頭金なども用意していなかったのですが、工務店の営業マンが大丈夫、頭金は必要ないと言ってくれていたのです。頭金がなければ住宅ローンは組めないだろうと私は思っていましたので、心強いと感じました。

住宅ローンを申し込む際には面接がありました。工務店の営業マンと銀行員2人、私との合計4人でです。私はこの時、借金があったのです。車のローンを信販会社であるオリコカードから100万円ほど借りていました。住宅ローンを組む際には、車のローンがあると都合が悪いようでオリコカードの車のローンを完済するように言われたのです。私には頭金さえもなかったので、完済するには時間がかかる事は銀行員も理解していたようです。そこで、住宅ローンを2つに分けて申し込むようにしました。一つは住宅用のローンと、もう一つは車のローンを完済するためのローンです。2つのローンを申し込み、車のローンを完済させると言う事です。車のローンの金利よりもはるかに安くなるので、私は喜んで申し込み用紙に記入しました。無事に審査は合格し、三菱東京UFJ銀行に住宅ローン2つが出来たのです。

住宅ローンを借入して、すぐに車のローンを返済しました。それが条件だったからです。100万円ほどが車のローンだったのです。現在はこのローンは完済しています。住宅のローンだけになっています。2550万円のローンでしたが100万円は車のローンだったと言う事です。変動金利でしたので現在は金利も少し上がり、月々の支払いが多くなっているのが現状です。借入した当初は8万円ほどだったのが現在では10万円位毎月支払いしています。変動金利はその名の通り金利が変動しますので、毎月の支払額が変わってくるのです。私たち夫婦はその事を知らなかったので今になって固定金利でローンを組んでおけばと思いました。毎月の支払いが2万円も上がってしまうと、家計に大きな負担がかかってしまいます。今後も金利が上がる可能性があるので、住宅ローンを借り換えるか検討しています。固定金利に借り換える事が出来れば一番良いと思っています。

JAのフリーローンで借り換えを実行! 

着物のやまとの展示会に誘われ着物を購入する事になりました。その時にローンを組んだのですか、やまと専用のカローンがあり返済期間が最長3年で金利が14パーセントでした。着物の代金が70万以上になったので金利を入れて90万近く次々の支払いが約25000円になりました。
購入手続きをしたのが11月くらいでその後に都合で転職をすることになり、次々の支払いを抑えたいと思いました。
ただ着物の購入で初めてローンを組んだので、その方法がわからず悩んでいたその時に友人から住宅ローンの借り換えを地元のJAで行って随分助かったと聞いたのが、利用しようと思ったきっかけです。
収入が安定するまでは次々の支払いを安く済ませたいと考えたので、借り換えを行うことにしました。

決めてからは、手元にあったローンの返済書類を持って地元のJAローン窓口に行きました。
農家の方でなくてもローンを利用できること、フリーローンで借り換えができることを教えてもらいました。
自分の場合は、それまでに車や家といったものにローンを利用したことがないので、返済能力や延滞履歴の有無がない、いわゆるホワイトリストに当たることも教えて頂きました。JAのフリーローンの場合はその人の状況によって13パーセント?3パーセントの何段階かで金利が変わるのでホワイトの方は最初から金利があまり下がらないかもしれないと、事前に説明もありました。自分としては、返済期間か長くなっても今より次々の返済額を押さえたいことが第一条件だからと伝え、ローン返済の計算をお願いしました。
審査は一週間かからずに連絡があり、金利8パーセントで返済期間5年、利子をいれて月々約16000円の返済となりました。
審査に必要な書類は氏名や住所を書く所定の書類と身分証明書の写し、ローンの金額がわかる書類でした。

借入をして月々の返済額が下がったことが一番良かったと思う点です。
審査が降りてからお金が振り込まれるのも一週間ほどで、借り換えのタイミングには助かりました。
ローンのことは難しい、初めてなので少し尻込みもしましたが、窓口の方が金利や不明な点を丁寧に説明してくださったので安心できました。返済期間なども不安な点を相談しやすかったのも良かったです。
返済期間が延びてしまった分トータルの金額は六万円ほど若干増えてしまったのですがそれでも、収入見込みが変わってしまうので月々の支払いを抑えたいと考えていた自分には適していました。
ボーナス等を貯めて残りを一気に返済するというのも、視野に入れて検討しています。
また返済から4カ月で金利見直しがあり金利が下がったので月々返済額が同じでも、金利が安くなった差額が返済額に当てられているので僅かな分でも助かっています。
借入をしてみて、ちゃんと自分の返済できるプランを持っておけば相談がちゃんとできるのでむやみに敬遠するものでもないという感想を持ちました。